読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまでにも数々の誤訳・珍訳そして名訳を生み出してきた『現代思想』誌だが、次のテクストはその中でもトップレベルの誤訳祭りだと昨今の人類学流行りに乗って読み返しながら改めて確認。

キャスパーイェンセン&ティエティル・ロジェ、2016、「『ドゥルージアンの交差点』序論」藤井真一訳、『現代思想 3月臨時増刊号 人類学のゆくえ』、pp.128-161。

なんか話題にすらなってないみたいだから敢えてここで指摘しておこうかと。

 

なぜかネットでボコボコにされている、

エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ、2013、「内在と恐怖」丹羽充訳、『現代思想』、pp.108-126。

なんて物の数に入らないくらい頭の体操になりますよ。

 

どうでもいいけど、清水高志は遅かれ早かれ炎上すると思ってました(小並感)