読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優秀だと思われたい無能な奴ほど裏方をアピールしたがるありがちパターン。先頭になって何かやるだけの能力も甲斐性もないし、責任は一切取りたくないという逃げ癖メンタリティだけど、裏方だと言えばなんとなく必要とされてる感をおぼえられるんでしょうね、当人だけは。そもそも裏方が裏方を主張するということが矛盾なのに、そんなことには気づかない。この手の人たちは俺がいなきゃ回らない的なことが口癖になってるけど、世の中にはその人がいなきゃ回らない人物なんてそもそもいないんだけどね。